一覧を表示

孔開け

ガラスに穴をあける加工のこと。
ダイアモンドのコアドリル、ウォータージェットなどが通常用いられる。

設備紹介 孔開け

網入りガラス

金網が入ったガラス。飛散防止効果があるため、火災や地震の際に、人身を危険から防いだり、延焼を防ぐことを必要とするビルなどの開口部に使用されます。

合わせガラス

2枚のガラスの間に樹脂製の膜(中間膜)を挟んで接着させたガラス。耐貫通性に優れ、飛散防止など中間膜に特定の機能を付与できるので、ガラス自体の機能拡大が可能。 また、合わせガラスは中間膜を変えることでさまざまな機能を付加することができる。

安全ガラス

衝撃などによる破損に対して安全対策をしたガラス。人身の安全面を向上したガラス。
合わせガラス、強化ガラス

意匠・デザイン性

建築用ガラスは、近年益々デザイン性が求められるようになっている。板ガラスにおける意匠・デザイン性は、以下のようなあらゆる加工技術が駆使されている。

印刷ガラス

主にガラスの意匠性のために行う有機もしくは無機印刷加工のこと。

製品紹介 印刷ガラス

エッチング

ガラス表面に模様や凹凸、特殊なパターンをつける方法。ガラスは極めて安定な物質だが、フッ酸などの特殊な溶液には溶解する。この性質を利用し、ガラス表面に模様を付ける。

オートクレーブ

圧力釜。内部を高圧力にすることができる装置で、合わせガラスを圧着するのに使います。