合わせガラス使用上のご注意

グレイジングチャンネル、またはセッティングブロックの材質がCR(クロロプレン)一般品の場合、可塑剤、および老化防止剤などの配合剤の移行により、接触面  において合わせガラスの中間膜が黄変する場合があります。この黄変幅がサッシへのかかり代の範囲内に納まらない場合もありうるため、施工にあたっては次の点をお守りください。

  1. 副資材の使用にあたっては、CR一般品を避け、EPDM耐シリコーンタイプ(EPDM-S)や軟質塩化ビニル、 CR非汚染タイプの材質を使用してください。
  2. 材質が確認できないセッティングブロックの場合は、ガラス小口とセッティングブロックが直接接しないようにテフロンシートによる絶縁処理を必ず行ってください。
    以上「合わせガラスとグレイジングチャンネル及び、セッティングブロックの取り合わせについて」(板硝子協会)
  3. 合わせガラスを使用される場合には、雨水等による下記の品質低下を防止するため、はめ込み枠下辺に水抜き孔を設けたり、弾性シーリング材によるグレージングを行うなどして止水性、排水性を確保してください。 また、ガラス小口を露出するような納まりは避けてください。 中間膜が劣化して「シミ」や膜剥離の原因となります。